ようやくミケも寝静まり、落ち着いた夜。

ティファニーランプを眺めながら、思い出しました。

今年もXmasが近づいてきましたが、10年程前に横浜の山手111番館でステンドガラスと生花のコラボで、お教室みんなといろいろ作品を作って展示したことがありました。

画像を探してみたら、いくつか見つけました。

洋館の雰囲気を高める作品を多く展示できて、その年のXmasは思い出深いものとなりました。

今年のXmasは、にゃんずも増えたし、にぎやかにお祝いができるといいな💛

そ、前向きに考えましょう!

フュージングという技法でガラスを焼き溶かしたナゲットをハンダでくっつけて作りました。

私はこじんまりと左側の球体を作りましたが、幻想的に光が散る様がお気に入りです。

右側の作品は、トップのお星さまが小さいピースで大変そうでした。

ミルフィオリというガラスは模様がお花の形をしているので、色を揃えるととても素敵な雰囲気にまとまっていました。

また、立体バラを集めて球状にしてあるランプも目新しくてお客様受けしていました。

これだけ集まると夕方~夜には幻想的な空間になりますよ。

生のもみの木の根元に、ランプをプレゼントのように並べてみました。

X’masの雰囲気が一気に高まります💛

先生の作品は、洋館のメインロビーにAll Clearのツリーと天使☆彡

カットジュエルというガラスをふんだんに使ってツリーを作成されましたが、材料費だけでも高額だったので生徒から見てもかなり圧巻でした!
展示説明員としてお手伝いしていた際には、来場頂いたお客様に「お幾らですか?」なんて声をかけられましたが、【非売品】とお伝えしておきました(^^♪

やはり、Xmasの聖なる夜と洋館はぴったり合いますね!

今年の山手111番館はエストニア共和国が装飾担当だとか??

機会が合えば、お散歩してみようかな??



⬇︎ぽちっと押して頂けると励みになります(^_-)-☆
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村